育児で貰えるお金


育児休業基本給付金は、原則として休業開始時点の賃金月額の30%、上限は14万4630円です。

給料に関わらず、この上限を超えてもらう事は出来ない為に、月額給料の高い人は結果的に30%を切る支給額となります。

月給が48万2100円を超えると、支給率は30%を下回る事になります。

<支給条件>
育児休業開始日から起算した一ヶ月ごとの期間を「支給単位期間」と言います。

この支給単位期間に休業している日が二十日以上あることが条件です。



<貰える時期>
育児休業給付金」は育児休業を取っている間で、子供が一歳に達するまでの間、一ヶ月単位でもらえます。ただし、上記に記したように、一ヶ月間のうち、休業が二十日以上ないと給付の対象にはなりません。



育児休業基本給付金
もらえる額 = 休業前の給与の30% × 育休月数


育児休業者職場復帰給付金

もらえる額 = 休業前の給与の10%×育児休業基本給付金の支給対象となった月数(育休月数)

○育児休業終了後に雇用保険の被保険者として職場復帰して六ヶ月間雇用されれば支給されます。




posted by 妊娠と出産 at 19:34 | 手当て・補助金>育児休業
ブログのトップページに戻る
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。